yukiwanwan’s blog

24歳の女が扁桃腺の摘出手術を機にブログをはじめてみた

扁桃腺の摘出手術を行い、費用や入院中のスケジュール、痛みやその後のことまでのもろもろ⑤

この記事を初めて見るよーって方は、前回までの記事をご覧いただけると流れがよくわかるかもしません。

 

扁桃腺の摘出手術を行い、費用や入院中のスケジュール、痛みやその後のことまでのもろもろ① - yukiwanwan’s blog

扁桃腺の摘出手術を行い、費用や入院中のスケジュール、痛みやその後のことまでのもろもろ② - yukiwanwan’s blog

扁桃腺の摘出手術を行い、費用や入院中のスケジュール、痛みやその後のことまでのもろもろ③ - yukiwanwan’s blog

扁桃腺の摘出手術を行い、費用や入院中のスケジュール、痛みやその後のことまでのもろもろ④ - yukiwanwan’s blog

 

特に、

www.yukiwanwan.com

この記事を読んでいただけると、かかった費用がよくわかると思いますので、ぜひ見てみてください。

 

生命保険と傷病手当金に関することf:id:yukiwanwan:20180910232047j:plain

 

私が知っている知識の範囲内で簡単に説明したいと思います。

本当に詳しく知りたい方は別サイトのほうがいいかも・・・。

あくまで24歳会社員の独身の女の情報提供です。悪しからず。

 

前回の記事では、出費に関してばかりで、「えぇ・・・どうしよう・・・。」と思った方も少なからずいたかもしれません。

今回の記事では、収入?というか手術入院で入ってくるお金について赤裸々にお教えしたいと思います。

 

まず、この二つは私は入院中と退院後に手続きしました。なんなら退院して2週間以上たった今もまだ手続き中です。

 

そもそも、みなさん生命保険入っていますか?私は恥ずかしながら、去年勉強を始めてやっと加入しました。みなさん、若いうちに掛け捨てじゃないものに入っておいたほうがいいみたいですよ。

 

生命保険がなんたるかや、どんなものがいいのかは私の浅い知識では記述しかねますので割愛させていただきます。みんなちゃんと調べてね。

 

 

傷病手当についても、社会保険に入っている人のみの情報になりますので、それ以外の保険へ加入されている方は別のサイトをオススメします。すみません。

 

さて、私に似たような状況にあるかたは、この生命保険と傷病手当金をいただけるわけですが、この二つには申請書が必要です。

それぞれどんなものが必要か簡単にお教えいたします。

 

生命保険

① 手術が決まった時点で保険会社へ連絡し、申請書と診断書の書式を送付してもらう。

  これは、入院中に連絡して送付していただいても大丈夫でした。3日後くらいに自宅へ届きました。保険会社によっては電話受付の場合もありますので、早めがオススメです。なぜなら、手術直後は声が出せなかったので大変でした・・・(笑)

 

② 送られてきた封筒の中の書類を確認する。

  だいたい、自分で書く紙1枚とお医者さんに書いてもらう診断書1枚です。

 

③ 記入済みの書類がそろったら、送られてきた際に入っていた返信用封筒に入れてポストへ。

 

簡単でしょ?でも、お医者さんの診断書とは別に書いてもらうので2~3週間くらいかかります。すぐには保険金はおりないと思っておいてください。

 

 

傷病手当金

① 会社へ手術・入院の報告をする。

 

② 記入用紙を事務の方からもらうか、自分でダウンロードしコピーする。

  4枚あって、2枚は自分で記入、1枚は会社が記入、もう1枚がお医者さんに書いてもらうやつです。

  → 全国健康保険協会 このサイト内にあります。探すのが面倒な方は、Googleに「傷病手当金 申請書 」と打てば出てきます。

 

③ 傷病手当金請求書の医療関係者の紙をお医者さんに書いてもらう。

  ※ここで重要なことがあります。傷病手当金とは、働けなかった期間に給料の約3分の2をもらえる制度です。これをもらうには、もらいたい期間(仕事を休んだ期間)を過ぎてから医師の証明が必要になります。

  例えば、5月1日から6月12日まで休んだのに、傷病手当の書類を5月28日に書いてもらうと、5月1日から5月28日までしか証明されなくなり、その間分しか手当がいただけません。気を付けましょう。

 

④ 自分で書く書類はお医者さんが記入したものを参考に書いたほうが良いです。自分で書いた書類2枚とお医者さんが書いた書類1枚がそろったら、その3枚をそろえて、会社に書いてもらう紙を会社へ提出します。

  あとは、会社の方が手続きしてくださいます。これも2~3か月かかる場合があります。

 

 

お分かりいただけたでしょうか?

だいたいこんな感じです。え?診断書の値段について書いてないじゃないかって?はい、書きます。「赤裸々」と書きましたもんね。

 

 

診断書の値段

もちろんこれも病院や地域によってかなり違ってくると思います。私の場合を書きます。相場と同じくらいだと思います。それぞれ1通の値段です。

 

  • お医者さんの診断書(病院の規格のもの)・・・・2,500円
  • 生命保険の診断書・・・・・・・・・・・・・・・5,000円
  • 傷病手当金の診断書(記入用紙)・・・・・・・・300円

 

です。それぞれの提出先は、

 

  • お医者さんの診断書(病院の規格のもの)・・・・2,500円

   → 職場

  • 生命保険の診断書・・・・・・・・・・・・・・・5,000円

   → 保険会社。何社か加入している人は、保険会社によっては他の保険会社の診断書でもいいよ~ってところもあります。確認しておきましょう。

  • 傷病手当金の診断書(記入用紙)・・・・・・・・300円

   → 会社(?)というか最終提出先は会社で入っている保険会社です。

 

最低でも8,000円くらいはかかるということがわかりましたでしょうか?

退院してからも、通院や書類でお金はかかりますよ。

 

 

次回は、入院に必要だった物の詳細を紹介します。術前検査までが長いですね。すみません。もう少しお付き合いくださいね。

 

 

↓私のやる気につながります。

にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村

 

 

 

 つづき→

www.yukiwanwan.com